義を見てせざるは勇なきなり(傍観者も加害者!?) を新しくアップしました

義を見てせざるは勇なきなり(傍観者も加害者!?) を新しくアップしました。

・「木下黄太」による「実名公表」のよって傷つけられたこの被害者に対して、私の立ち位置は、今も「義を見てせざるは勇なきなり」である。
・彼女が言うように「木下黄太」は間違った情報を流したことに対し、しかるべき方法で謝罪すべきである。
「木下黄太」は、今もこの問題指摘に答える義務がある。
・「木下カルト」もまた「ヒト」「モノ」「カネ」の操作に模索中ではあるが、大物講演会で得た資金を元に「拠点」を構え、どのように「営利行為」を行ってゆくのかが、今後の一つのマイルストーンになるのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中