世間の木下カルト評

>彼の講演に参加してみました。
結論から言うと 「金返せ」 と心で呟きながら帰路につきました。中身がまるで無い。ネットで知っている事を感情を込めて大声で怒鳴るというなんとも見苦しいものでした。おまけに身近に急死した人が何人いるとかいう人から聞いた話を強調する。
そのわりに急死者が震災後どのように増えたのか減ったのかという説得力のあるデータは何ひとつ出てこない。ただ恐怖を煽り大声で怒鳴る。これじゃカルト宗教じゃないか?

彼に踊らされて避難した人は考え直した方がいい。
とんもじゃないが彼に信頼を寄せる気持ちはわかなかった。残ったのは不信感とこりゃダメだという千円を払った自分に対する情けなさだった。
プロジェクターひとつも無い、ろくな資料も無い、よくこれでよく金とったね・・・・・。

>私も、木下氏のブログを何度か読んで、なんと傲慢な人だろう・・・と感じたことがありました。
そして、使っている言葉も、決して常識のある大人の男性とは思えないようなものも多くて、不快になったのを覚えてます。
もう、ずいぶん見ていないですけど。
たまたま松田さんのサイトから、こちらを知りました。
まさしく、木下氏は、カルト教祖系の男性ですね。 マニピュレーターです。
そして、DV男性というのも、ピッタリはまってる!と思いました。
除染ビジネスとか、貧困ビジネスとか、、、人の弱みに付け込んでお金儲けもうけをする人は、いつか報いを受けると思います。
これからも、 被害者(木下カルト信者、カルト信者予備軍)を増やさないために、頑張ってください。
私は無力で恥ずかしいですが、かげながら応援しております。

>私は311での原発事故後、木下氏のブログを見つけました。
日本を救ってくれる人と信じ木下氏の講演会開催を知り有益な情報を逃すまい!と、喜び勇んで出掛けました…
結果は芳しく有りません。
講演会に足を運んで来てくださった方に高圧的な態度…
質問者の質問が、木下氏にとって答えたくないもの、又は都合が悪い・わからないものであればはぐらかす。
講演会の内容も薄かった…ネットで調べればわかる程度…
一番がっかりしたのは、木下氏の人柄でした。

実際にお会いして、人間的な部分が欠落していらっしゃる姿に違和感を感じました。
正にそれがこういうことだったのか…と、合点がいきました。
不安ばかり煽るのはやめましょう。
どうしたら放射能の害から身を守れるのか、どのように生活をしたら良いのか教えてください。
木下さん。
松田様応援しております。

>こんにちは。失礼を承知で申し上げます。たぶん木下さんがどのように生計を立てているのかが知りたいだけだと思います。元日本テレビ社員なのか、休職中なのかおっしゃらないので(言うかどうかは木下さんのお考えでいいと思いますが)、興味があるだけだと思います。
二人?のお子さんがいらっしゃることや、世田谷?の一戸建てをお持ちのようなことを書いていらっしゃったので、教育費や家のローン?や今の住居費を含む生活費がどうなっているのかな、と思っているだけだと思います。
今回の講演会の収支計算書をアップすればすっきりされるのではと思います。(これも木下さんのお考えで)
反原発の方のほとんどが、企画は別の方がされたりこじんまりとやっているので、ある程度予想がつくのでしょうが、企画から中心になってやっていらっしゃる感じがするので、疑問を呈しているのではと思います。
ヤブロコフ博士の講演会は書き起こしや動画も簡単に見ることができますが、バンダジェフスキー博士の講演会は、まとまったものが探せません。これも勘ぐられてしまう一因かなと思います。
有名になりすぎてしまって、風当たりが強くなるのは仕方ないのかも知れません。
お体に気をつけてください。」

>私も、木下氏が官邸前抗議の主催者側との意見の食い違いで「抗議への不参加」を呼びかけた際、FBのグループを退会することを宣言した上で「自分だけが参加を表明する分にはいいが、いわゆる『信者』まで巻き込んでボイコットを呼びかけるのはいかがなものか」という旨の発言をしたところ、しつこく「早く退会しろ」と迫られ、FBの会員から見えない裏(ダイレクトメッセージ上)で、「私を信じているならそんなことは言わないはず」「頭がオカシイ」などとひたすら罵倒されました。
木下黄太の主張を頭から信じている人たちは、彼の本当の姿を知らなすぎると思います。

>昨年彼の柏での講演会にも参加しました。
このスレにも出てきていますが、この柏の講演会はそれはそれはひどいものでした。
とにかく、ジャーナリストと名乗ってはいますが、話があまりにも下手すぎます。
しかも広い会場で椅子に座ってその下手な弁術でちんたら喋るだけ。
もし本気で柏は危ない、非難すべきだというならば、もう少し客観的なデータを示しながら、
ビデオやパワーポイントなども駆使し理路整然としたプレゼンをすべきでしょう。
(これは文字だけの彼のブログも同様ですね。)
しまいには質問をした老婦人に対して、罵倒し、感情的になり、切れる始末。
しかもこの講演会についてホットスポット特有の無気力・脱力感とか
雰囲気がおかしいとか書いてまた不安を煽っていました。
こいつは自称ジャーナリストだけども、本物ではないな、と思った次第です。

>会場にいた私も含め私の知り合いも,博士がこのような輩の猿回しの「猿」 となっていることは悲しく思いました。

>@hayano: ダメです.バンダジェフスキー 記者会見 http://t.co/v4Tnhk9DHr @mo0210: 「日本の情報を持っていないので、木下黄太氏からいろいろ聞いている」と回答している。これではダメ。

>@tyurukichi_AA: これで木下黄太氏が「ソースはパンダジェフスキー」といえばソースロンダリングし放題じゃね RT @3pF: 「ソースは木下黄太。」w

>あまり、言いたくありませんが、講演されたときの講演料をもらって直ぐに数えられているのを見た時もショックでした。

>木下さんの依頼で、東京の土壌を米国の測定機関で分析してもらったんですが、その結果が日本の測定会社よりも低く出たと、激怒されたんです。低いというか、汚染はあったんですけど、日本の測定会社の測定値の5分の1位だったんです。ちゃんと測定したのか、と言われました。米国の測定会社は、セシウムとヨウ素だけじゃなくて、色んな核種が測定できるような会社ですよ?まるで汚染されている事、病例が東京からたくさん出ている事を喜んでいるように見えますので私はブロックしました。電話で話した時もそうでした、愛がないです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中