木下カルトの「ヒト、モノ、カネ」

「木下黄太のネットカルト」をその全容を伺い知るキーワードとして
「ヒト、モノ、カネ」からの視点で見てゆくこととする。

ここでは、
ヒト=組織論 虚像、一本釣り、
モノ=情報操作術 二元論、2:8の法則
カネ=ビジネスモデル

という視点で語ってゆく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中