木下カルト関連リンク集

放射能汚染を過剰に心配する恋人とどう付き合えば…(50代男性)

カルト化する放射能防護運動にご注意

福島 信夫山ネコの憂うつ
(「みんなのカルト」じゃなく『みんなのカルテ』を主催する『安友志乃』に関する興味深い記述があります。情報分析が鋭い! 確かに、合同出版「放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響~チェルノブイリ原発事故被曝の病理データ~」訳本を差し止めたのは、この木下&安友でした。)

木下黄太、逃亡!日テレ 報道局社会部デスク、放射能怖くて

ツイッターまとめリンク一覧
木下黄太、首相官邸前デモ関係者の「距離を置く」を「排除」と誤読し拗ねまくる

木下黄太に対する批判について

その人の活動どころか人間性にまで疑問を感じた、他人に対して攻撃的な姿勢

木下黄太氏がなぜ暗黒面に堕ちたのか。あの日が語られる。
11/3/11以後の木下黄太を語るメディア同業者からの視点。 鋭いノンフィクション!

木下黄太罵倒集(2012年2月18日)

木下黄太深夜の罵倒芸(2012年2月22日)

その人の活動どころか人間性にまで疑問を感じた、他人に対して攻撃的な姿勢

木下黄太「三重大学に電話しましょうか?」「私は三重大学の教員ではありません」&新手の放射脳登場

木下黄太 思うように講演チケットがさばけず来ない人を罵る

木下黄太 名誉毀損で訴える!→ はぁ→職場に騒ぎ立てる!→じゃぁ私は日テレに・・・→さようなら!

木下黄太の殺害被害の可能性を考えると殺害予告になるらしい

木下黄太と二人の学生その他とのやりとり(2012年3月3-4日)

木下黄太 あらぶる動画

木下黄太に対する批判について

その人の活動どころか人間性にまで疑問を感じた、他人に対して攻撃的な姿勢
これが放射能の危険を呼びかけ、各地で講演会を行っている人の言動・・・。

素性をあかしなさい!壊れたレコードのように職場名を連呼します!
木下黄太は今回に限らず、反論者の職業や所属組織や通ってる学校を連呼して、挙げ句には職場に圧力掛けると言い出すんだよなぁ
彼にとってブロックと脅しは、形勢が悪くなった時の最終手段だからな

木下黄太、「確実に、仕留めます」と言いながら批判する人をブロックする

ブログ系リンク一覧
【教祖様?】木下黄太について語れ【ぶち切れ】
2chですがまともに話しています

女子会の事について批判が載っています

【反原発】反核の専門家ヘレン・カルディコットとは【脱原発】

木下黄太、デマを飛ばしたあげくブロックする

ガキねぇ~◆2012/06/27(水) 木下黄太さん、質問します。

愛・蔵太の気になるメモ
homines id quod volunt credunt

木下 沖縄
自分の企画した講演会に、思うように人が集まらずあらぶる

【脱原発】反原発とカルトの共通点【原発反対】

この人に責任感や思いやりの欠片もない【木下黄太氏が避難者のコメントを罵倒】

バンダジェフスキー氏(with木下黄太氏)の沖縄講演が通訳のせいで放送事故レベルだった件

正しい放射能情報を【見つけるため】のサイト
科学から信者を引き離し、思い込みを植え付ける洗脳手法

木下黄太に対する批判について
ここの2以降にtwitterの中身が出て来ます。
大学生二人とやり取りしていた内容

「大震災以来逃亡中」と報じられている日本テレビ・元報道局社会部統括デスクの本下黄太氏。この本下氏、いつの間にか東京に戻って講演活動にいそしんでいた

木下黄太さんのブログに思う事。

昨日、発表された木下黄太グループによる、土 壌調査について。素朴な疑問をいくつか。
川端裕人*小説家・ノンフィクション作家
• 日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。
• 1992年-1993年、日本テレビの記者として南極海調査捕鯨船に同乗取材
• 1995年、上記乗船体験をもとに『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。
• 1997年、日本テレビを退社。コロンビア大学ジャーナリズムスクールにモービル・コロンビア・フェローとして在籍。翌年、帰国。

■[原発]木下黄太氏の△△ブログ信じる奴らは○○○で××××した奴らぐらい何かに弱い(第三者に確認できない情報の扱いについて)見出しは一部自主規制しました。

木下黄太さん北海道の人を誹謗中傷で許さないという強い宣言をする
>木下黄太氏が、信頼に足るソースを示さずに被曝の恐怖を煽り続けていることを問題視しているのです。

木下黄太ブログのある記事が「情報隠蔽」(デマとは違う)だと僕が考える理由・自己責任論者に欠落している事

放射能に関する情報は整理されつつあるが、3.11の震災を機に、依然として誤った情報を流しつづける木下黄太氏に対して、山本一郎氏が指摘したことをきっかけに炎上。

避難原理主義」と化した一部「脱原発派」の暴走

【カルト】木下黄太のブログ閉鎖!信者が陰謀論展開=単なる規約違反【KinositaKouta】

放射能、「子ゆえの闇」=母たちとの対話で考えたリスク・コミュニケーション —「情報キュレーター」探しが有効な方法か?
石井 孝明

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中