「2013バンダジェフスキー博士来日」に「木下カルト」を見抜く目を持つ人々

>会場にいた私も含め私の知り合いも,博士がこのような輩の猿回しの「猿」 となっていることは悲しく思いました。

>@hayano: ダメです.バンダジェフスキー 記者会見 http://t.co/v4Tnhk9DHr @mo0210: 「日本の情報を持っていないので、木下黄太氏からいろいろ聞いている」と回答している。これではダメ。

>@tyurukichi_AA: これで木下黄太氏が「ソースはパンダジェフスキー」といえばソースロンダリングし放題じゃね RT @3pF: 「ソースは木下黄太。」w

>@DrMagicianEARL: バンダジェフスキーについての早野先生のツイートを1ツイートでまとめると,「バンダジェフスキーは英語が不自由で英語論文を明らかに読んでおらず日本語能力はゼロであり福島の情報は木下黄太を通じてしか入ってこない」.どんなクオリティだよバンダw


 私は、バンダジェフスキー博士を気の毒に思う。彼は講演主催者を信頼し、唯一そこからの情報を信じていたのだろう。
 しかも、命を賭けて長年唱えてきた「自説」が、利用されていることに気が付くには、余りにも主催者による一方的な「情報制限」がかけられており、彼を責める事は間違いである。
 バンダジェフスキー博士の命がけの研究と学説には、真摯に耳を傾けなければならない、そしてその学説は多くの学者や医者の中で科学的に論議され、本来の放射能被曝の医学研究とその対策実行へと生かされてゆくべきだろう。

 むしろ、この「猿回し問題」を論議すべき対象は、実質的主催者「木下黄太」である。ある意味、主催団体の関係者も「木下黄太」の「猿」である。
 「木下黄太」は、バンダジェフスキー博士を利用した。精査すべき点は、「バンダジェフスキー博士の情報を操作する手法」なのだ。「カルト理論」の八割は正しいのだが、残りの二割に危うさがある。これは、2:8の法則に合わせて語っているだけで、割合が問題なのではない。「正論の中に、カルトのトリックと罠」が潜んでいることが問題なのだ。(マインドコントロールの2:8の法則に騙されるな!

 バンダジェフスキー博士の学説が、木下カルトのトリックとして「利用されている」ことを見抜く、智慧を持つ人達がいることはとても心強い。
 
この「鬼蜘蛛おばさんの疑問箱」の指摘も、将にこの智慧の目から語られている。
これは単なる論議ではない。日本の市民活動の本質を問い、その方向性を正すものである。


以下アーカイブ

木下黄太16 2ch より

32 :地震雷火事名無し(広島県):2013/07/14(日) 23:54:04.46 ID:du+l7cj50
先日,パンダジェフスキーという博士の講演を聞きに行ったものです。
木下黄太なる人物はこの講演で初めて知りました。
が,とても残念な講演でした。博士の意見が医学会で正しいか否かは結果
分かりませんでした。時間的制限はあるにしても講演内容は博士の研究結果
を発表するだけで,結果を導く証拠が全く不明でありました。
論理学,統計学を学んだ私としては正直,まったく納得できず,正直
「信じる者は救われる」の宗教的世界にしか見えません。
少なくとも「福島は危険」という意見を発するならば,その結果に至る
間接事実と証拠を開示すべきです。それが「できない」のならば,医学界でも
また,社会的にも通説となることは絶対にありません。
なにより残念なのは,主宰していた木下氏の態度です。博士に対する質問を
受け付ける時間があったのですが,木下氏は明らかに都合の悪い質問を
受け付ていませんでした(木下氏のマイクが入っていたため木下氏の質問者
に対する回答が全て会場にダダ漏れとなっていました)。
会場にいた私も含め私の知り合いも,博士がこのような輩の猿回しの「猿」
となっていることは悲しく思いました。

博士の研究発表が真実か否かは分かりませんが,このような冷静さを欠いた者
と行動を共にしているならば,世の中で支持を得ることは困難であると感じて
います。
木下氏の名前を検索したら,沢山の意見が拝見することができました。私のような
意見は,すでに出尽くしていると思いますが,兎に角,残念な人でした。

ツイッターより
日本外国特派員協会 7/19 バンダジェフスキー氏 記者会見をめぐって http://togetter.com/li/536772
早野龍五・木下黄太・バンダジェフスキー  http://togetter.com/li/536799
早野龍五・バンダジェフスキー両氏の対話 http://togetter.com/li/537667

@hayano: ダメです.バンダジェフスキー 記者会見 http://t.co/v4Tnhk9DHr @mo0210: 「日本の情報を持っていないので、木下黄太氏からいろいろ聞いている」と回答している。これではダメ。

@tyurukichi_AA: これで木下黄太氏が「ソースはパンダジェフスキー」といえばソースロンダリングし放題じゃね RT @3pF: 「ソースは木下黄太。」w

@DrMagicianEARL: バンダジェフスキーについての早野先生のツイートを1ツイートでまとめると,「バンダジェフスキーは英語が不自由で英語論文を明らかに読んでおらず日本語能力はゼロであり福島の情報は木下黄太を通じてしか入ってこない」.どんなクオリティだよバンダw

rosabluemoon
仲介者?つうか黒幕?の木下黄太が、バンダさんに福島についてのごく基本的なデータも事実も伝えず、情報コントロールしながら講演でしゃべらせてた構図がはっきりしつつあるんだけど、あちら側からは違うように映るのかしらん。

blue_Demi
RT @DrMagicianEARL: まあこれでバンダジェフスキー氏には木下黄太氏以外からの日本の情報入手ルートができた.それもよりエビデンスが潤沢な早野先生というルート.バンダジェフスキー氏自身の持論は変わらないだろうが,福島に対する認識は変わるんじゃない?

ginco_silver
それにつけても木下黄太氏の削除なはなんなのだ? そして影で早野先生を中傷しせせら笑う人々のtweetも沢山ポストされているし 人間の悪意の底を観ているようだ

‏‪@kikumaco‬
まあ、バンダジェフスキーは日本の現状について木下などから嘘を伝えられていたことに気づけば、態度を変えるかもしれないね。でも、木下は囲い込みにかかるだろうな

‏‪@kazooooya‬
【必読】正しい放射能情報を【見つけるため】のサイト ‪http://j.mp/Vo89bT ‬
世の中には「危ない情報を教えてくれる人は親切心なんだから正しい」って思う人が多い。しかし、不安はお金儲けや政治運動に利用され、怪しいカルト宗教に似ているよね… ‪#脱原発‬ ‪#甲状腺‬

vanda2013

広告

「2013バンダジェフスキー博士来日」に「木下カルト」を見抜く目を持つ人々」への2件のフィードバック

  1. 「鬼蜘蛛おばさんの疑問箱」のblog主であるMさんが、木下氏からツイッターで個人情報を晒され、ひどい攻撃を受けています。
    そしてMさんを訴えると言っています。
    心あるみなさん。
    ぜひblogを読んでいただき、納得されたらMさんを応援してあげてください。

  2. zakさん、応援ありがとうございます。私も木下黄太氏の被害者の仲間入りです。「ネットカルト」まさにその通り。実感しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中