Dr.Bandazhevsky translation book blocked by Yasutomo!バンダジェフスキーの本の販売を博士初来日時に止めた「みんなのカルテ」代表安友Yasutomoのメール(アーカイブ)

Dr.Bandazhevsky translation book blocked by Yasutomo!バンダジェフスキーの本の販売を博士初来日時に止めた「みんなのカルテ」代表安友Yasutomoのメール(忘れたというので証拠を提示します)
http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013_10_01_archive.html

2012年、バンダジェフスキー博士が初来日されたとき、奇妙なことに、久保田護先生による本の発売が妨害されました。

In 2012 when Dr. Bandazhevsky visited Japan for the first time, Professor Kubota’s translated book was strangely suspended for its sales in Japan.

当時、久保田先生と時々電話で話をしていた私は、Yasutomoという人物が本の販売を妨害していると聞いて、驚き、いったいこの決定的な時期にバンダ博士の翻訳本の出版を止めたYasutomoという人物は誰だろうと、久保田先生と話していました。

At that time, I sometimes talked with him over the phone on this issue. Professor Kubota was really in trouble, and we were wondering who stopped the sales of Dr. Bandazhevsky’s translated books in such a crucial timing…

私はすぐに木下黄太氏にも電話をかけ、どうにか本が売れるようにしてほしいと言いましたが、木下氏もよくわからないけれど、この問題にかかわりたくないと断られました。がっかりしました。

I immediately made a phone call to Mr. Kota Kinoshita to somehow make it possible to sell the Bandazhevsky book while the symposium was to be held, but for some unknown reason, Mr. Kinoshita also said that he didn’t want to get involved in the publisher’s issue. I was dissapointed.

以下が当時、久保田先生が私に転送してくださった、Yasutomoというトラブルメーカーから出版社への、バンダの本の出版差し止めを求める文書です。

The following is the letter from a person called Yasutomo who blocked the reprint of Dr. Bandazhevsky’s book.

************

Shino Yasutomoからバンダの日本語訳の出版社である合同出版へ

Date: Sat, 03 Mar 2012 01:39:40 +0900

植村様 To Mr. Uemura, Godo Publishing Company

先日、リクエストいただきました代理人契約書、ならびに博士からの現行出版本の再版停止と久保田氏預かりの2冊について出版承諾しない旨の通達を添付致します。 また、添付の2月2日、事前に博士に通知がないまま再販された第3版のお支払いの期日をお知らせ下さい。 博士の通達は、2012年3月2日付けとなっております。以降の再版については法的に対応となります。予め御了承ください。

On your request from the other day, I am hereby attaching the notification for the suspending the reprint and continued approval on further translation of Dr. Bandazhevsky’s books.

In addition, please inform us of the payment date of the third print which was resold on February 2nd, which was unfortunately being done without any notification made to Dr. Bandazhevsky.

Please be reminded that the notification from Dr. Bandazhevsky is dated on March 2nd, and any reprints made thereafter shall be subject to legal resolution.

Shino Yasutomo

合同出版 植村様 To Mr. Uemura, Godo Publishing Company

下記3月6日付けメールおよび添付が転送されて参りましたが、度重なる説明にもかかわらず、全くご理解頂いていないと解釈いたしました。3月2日にお送りした通達通り、現行出版本の再版停止ならびに久保田氏預かりの2冊について出版承諾しないという博士の意思には変わりありません。

I received the your mail and attachement dated on March 6 only to realize that you have not understood the situation despite of my repeated explanation. As I sent the notification on March 2nd, Dr. Bandazhevsky has not changed his mind not to approve the reprint of the translated book and further translation of 2 more books by Professor Kubota.

誤訳があるということは出版内容の原論・原文が間違っているという意味ですから、読者のためになりません。
As long as there are some translation mistakes, the book cannot be beneficial for the readers.
繰り返しますが、同日通達時に、警告いたしましたように、2012年3月2日付けのこの通達以降の再版については法的に対応となります。

Let me repeat that if you reprint the book on and after March 2nd, it shall be subject to legal resolution as I have warned on March 2nd.

またこの通達に対して、権限を委任する代理人を無視し個人的に再版要求されたことについては、博士ともども非常に深刻な事態と受け止め、対処させて頂きます。

In addition, the fact that you had ignored our legal representative who was entrusted on this issue and had further demanded for the reprint of the book has been taken seriously by us and also by Dr. Bandazhevsky. We are now planing to address the matter accordingly.

Shino Yasutomo
Representative
Yury Bandazhevsky, Professor, M.D., Ph.D

************

久保田先生からバンダへの手紙

I am very sorry that we must stop the publication of your book MEDICAL AND BIOLOGICAL EFFECTS OF RADIOCESIUMINCORPORATED INTO THE HUMAN ORGANISM translated into Japanese by me.

Perhaps you know your deputy Shino Yasutomo ordered us to stop publishimg the book because of the lack of contract between you and the publisher GODO-SHUPPAN.

As I mailed on 5 May 2011 the purpose of the publication of your book is to make an objection to the opinion of famous Japanese Professors Nagataki Shigenobu and Yamashita Shunichi .

They told their opinion in newspaper and television that even the Gomel district contaminated by radiocesium137 no disease caused by cesium137. Therfore no need to protect cesium137. Fukushima peoples are safe even if they are children.

This opinion is convinient for our government.. Some members of the government say to the Fukushima people don’t worry about cesium137,

Stop of publishing your book will help the government menbers as a following result.

Is it your real mind ? I wonder.

Yours sincerely Mamoru Kubota

*******************

とにかく、当時は、私には、このミステリアスなYasutomoという人物が誰かもわからず、なすすべもありませんでした。

At this time, I had no clue who this mysterious person called Yasutomo was…

そして、Yasutomoという名前も忘れかけていた2013年10月25日のこと。Yasutomo=安友=「みんなのカルテ」FRCSRJP代表という基本的なことも知らずにぼけていた私が、真実を知ったのは、東海アマ氏による以下の私への誹謗中傷ツイート!

東海アマ氏は、ずっとツイッター友達のふりをしながら、私が、もんじゅ西村事件の殺人を運動側にいる海渡雄一弁護士が無視していると発表しだしたら、とたんに私に攻撃し、以下のようなツイートを10月25日に出してきたのです。

東海アマ氏の社民党による殺人隠蔽加担という恐ろしい所業についてはこちらにも書いてあります。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/10/blog-post_26.html

And, on October 25, I finally got to know who this person was from the following tweet by the heavy internet user @tokaiama.

Yasutomo was the leader of the group FRCSRJP : Fukushima Radioactive Contamination Symptom Research in Japan
http://www.frcsrus.org/japan !

(@tokaiama seemed to be a good friend on twitter, but recently he started attacking me who is pointing out the nuclear related murder ignored by a lawyer who has been in the citizens’ movement side. THERE ARE SO MANY SHADY PEOPLE IN CITIZENS’ MOVEMENT SIDE ITSELF! Moreover, @Tokaiama tries to hide a murder by nuclear promoting side. See http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.html)

私のニセモノに注意 ‏@tokaiama 10月25日
竹野内真理氏とお別れになることを覚悟したのは実は昨年のことで、安友さんや平沼さんからの評判を聞いていたので、いずれ自分も攻撃されるだろうと予想していた 彼女をわずかでも批判すれば、こうなることは百も承知だったが、菊池さんへの攻撃を見て今日あたりでいいかなと思った 必然的なものだ

@tokaiama: As a matter of fact, I thought I had to say good bye to Mari Takenouchi, because Shino Yasutomo and Yuri Hiranuma were speaking ill of her….

Mari Takenouchi ‏@mariscontact
安友さんというのは私は全く接点がない人だ。だから私の悪口を言う理由がない。(思い出した!)バンダの講演会になぜかしゃしゃり出て、久保田護先生の本の版権か何かでケチをつけ、木下氏主催のバンダの講演会で本を売るのをできなくした人。久保田先生が困っていた。

I have no clue who Yasutomo is and there is no reason for her to speak ill of me. (Now I remember!) Yasutomo is the person who suddenly came and blocked Mr. Kubota’s translated books on Dr. Bandazhevsky. Dr Kubota was really in trouble.

FRCSRJP ‏@FRCSRJP 18時間

@mariscontact すみませんが、私はあなたを攻撃するほど暇ではないし、あなたに興味もありません。

Excuse me, I am too busy to attack you and I have no interest in you.

Mari Takenouchi ‏@mariscontact 17時間

@FRCSRJP 暇がないなら、なぜバンダジェフスキー翻訳者の久保田先生の本を出版できないように画策した? 答えよ、安友!!! 答えよ!!!

If you are too busy, please tell me why you blocked the printing of Professor Kubota’s book? Tell me now!!

FRCSRJP ‏@FRCSRJP 17時間

@mariscontact 別に画策していませんよ。何を販売する、しない、は講演会の主催者しか判断できません。それから、アマさんとあなたのことを話題にしたことは一度もありません。いきなりあなたに呼び捨てにされる理由もありません。

I haven’t done any maneuvering. It is up to the host whether they are going to sell something or not. I have not spoken about you with @tokaiama. I have no reason to be called by name by you.

Mari Takenouchi ‏@mariscontact 17時間
@FRCSRJP 主催者とは木下さんのこと?でも本の出版を止めたのはあなたですよ。あなたこの発言でとぼけて、私が証拠を持っていると言ったら、あとから発言を変えたが、そんなの許されない。

ここではあなた出版止めてないと言った。証拠はこれだ!
http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013/10/yasutomo.html

You mean Mr. Kinoshita as the host? But it is you who blocked the reprint of the book. You pretend that you don’t know but you are now changing your attitude after I told you I have proof for that.

But before you told me that you had not blocked me.

Here is the evidence that you had blocked the reprint.
(http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013/10/yasutomo.html )

と、このページの前半にある証拠物を提示した私です!なにが、みんなのカルテだ!安友はみんなの妨害者だ!みんなの工作員だ!

And I showed Yastumoto the first half of this page. She is indeed an intruder in citizens’ movement!

もちろん、工作員安友(みんなのカルテ代表)からその後、何の返事もない。

After this conversation with Yasutomo, there have been no reply from her on twitter.

私は市民グループの中には、実はこっそり原子力村にリサーチのためもかねて、健康被害についての情報提供をしている人もいるかもしれないと思いました。

I even would imagine that some people in the citizens’ group are collecting health damage information to provide them to nuke lobbies secretly for research reason…

広島と長崎では、秘密裏にそれがやられていたわけです。
That was done secretly after Hiroshima and Nagasaki.

人体実験として、被爆者が使われていたのです。
People were being used for human experiments…

福島事故の後、市民グループの人の中には、憂慮する市民や具合を悪くした市民を心配するふりをしながら、実はデータを集めているのではないかという人がいるのではなかろうか。。

Now after Fukushima, some people in the citizens side pretend to be on the side of the worrying and already sick citizens and actually they may be collecting health data…

Yasutomoとの会話の後、そんな想像をしてしまいました。。
なんという恐ろしい世界。。。

I was having a such imagination after the conversation with Yasutomo…such a scary world.
投稿者 Save Kids Japan 時刻: 22:53 0 件のコメント:
メールで送信
BlogThis!
Twitter で共有する
Facebook で共有する

薬害エイズと原発の深い闇(まだ書き途中) HIV and Nuclear Issues Can be Traced back to Unit 731

私が以前に書いたブログから抜粋
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

731部隊長石井四郎の右腕であった内藤良一は、薬害エイズで2000人の血友病患者を感染させた日本ミドリ十字社の前身である日本ブラッドバンクの創設者であり、このミドリ十字社と厚生省がグルとなって薬害エイズ事件の原因となったことは有名です。

Dr. Ryoichi Naito, a right-hand man of Unit 731 leader Dr. Shiro Ishii, is a founder of Japan Blood Bank, predecessor of Japan Green Cross, which caused the infection of HIV to thousands of hemophiliac patients in collusion with Ministry of Health.

今回福島県民健康調査のリーダーである山下俊一氏が、福島事故の直前までエイズ患者対象の研究を行っていたことは特筆に値すると思います。彼はエイズ研究を始めるにあたり、「過ちは二度と繰り返しません」と書き、その後、福島事故が起きて、福島医大に行き、住民たちには100mSvまで心配することはないと説得しました。「人々の健康を第一に考えない医学がなぜ存在するのだろう。」、そして「患者を検体として接するような医者は許さない」と、私の知人の薬害HIV患者の方も非常に怒っています。

It is amazing that Dr. Shunichi Yamashita, the leader of Fukushima Prefectural Health Examination was assigned as the leader of HIV infected hemophiliac patients just before the Fukushima nuclear accident took place. In his report on the start of the HIV patients study, he said that this kind of mistake shall never take place, and immediately after that, he went to Fukushima Medical University responding to the nuclear accident to persuade the residents not to worry about radiation upto 100mSV. My friend HIV patient is feeling strong resentment on Dr. Yamashita’s behaviors saying, “How could there be a medicine that does not focus on the health of people for the first place?” “I would never forgive any doctor to treat anybody as a specimen of human experiment”

そして今、福島では有名大学の様々な医者や学者が関わり、子供や妊婦までを研究利用しています。これは明らかに時間軸の伸びた人体実験と言えますし、歴史を見れば、誇張でないことが分かります。

Today, various scholars and doctors from many famous universities and institutes, are using even pregnant women and children for their studies. This is obviously a human experiment in the extended period of time span, and the history shows that this is not an exaggeration.

**************************************

ああ、この頃工作員による攻撃がひどくて気が滅入りがち。。

そこで自分で自分を元気づけるためにも、ツイッターでも何度も紹介しているこの方を紹介します。

血友病HIV患者の堀内良彦さん。私が最も尊敬している方です。

ご自身もご病気を持ち、また、7月に初めてお会いしたら片足もご不自由なのに、山下俊一その他御用学者や官僚を、福島まで何度も通い、追いかけ続けている。

彼は血友病患者の仲間たちの死を体験、いわば地獄を見た人。

それで福島の子供たちのことも他人事ではないと本当に魂込めて助けようと活動中。

私は活動で疲れたり、悩んだりすると、実は彼に電話をかけて相談してしまいます。

私にとってはなんだか意気込みの波長が合って、しゃべっていて元気になれるのです。

堀内さん、いつもありがとう。

私と堀内さんの写真(2013年7月、東京駅前にて)

その彼が発信している山下俊一の過去の研究。

山下は福島事故まで、HIV血友病患者の患者参加型研究』の班長も勤めていました!それを途中で放り投げて、福島に行った人です。そして下には驚くほどたくさんの肩書。日本および世界の学術界の闇が山下俊一氏を見ていると本当によくわかります。

その他、ささっと私のツイートから:

731と薬害と原発の関係!1952年日本に原子力導入の提言をした元東大学長・茅誠司はエイズ研究班長・安部英設立の「血友病総合治療普及会」理事だった。茅は戦後、731部隊の追及をやめるように発言。山下俊一は福島事故当時、HIV・HCV血友病患者の長期療養に関する患者参加型研究班長!

原発導入した中曽根と原発建設利権の鹿島建設、薬害エイズを放置した厚生大臣、水俣を引き起こしたチッソ重役がみーんな、親戚関係にあるぞ!あと薬害エイズで告訴された安部英と中曽根は友人、安部は正力松太郎の右腕と親類だ!広瀬隆著「腐食の連鎖」(集英社)←必読!

これは必読!絶対読んでください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中